京都府立医科大学 京都府立医科大学 外科学教室 心臓血管・小児心臓血管外科学部門
お問い合わせ | Sitemap
成人心臓血管外科小児心臓血管外科
外来受診案内|入院案内|医療費について|交通案内|医療関係者の方へ|リンク
Top小児心臓血管外科患者様の体験談>患者様の体験談(お父様、お母様より)  
診療部長ご挨拶
  スタッフ紹介
  行っている手術
  手術実績
  主な取り組みについて
  入院から退院までの流れ
  患者様の体験談
    心臓病の子供を守る会
京都支部より
   
  掲載記事の紹介
  外来受診案内・外来担当表
  入院案内
  緊急連絡先
  リンク
  患者様の体験談(お父様、お母様より)
戻る 次へ
 京都市 H.B  様
 娘は生後10ヶ月で心臓の根治手術をしていただきました。
 幼い子どもの胸にメスを入れることは、とても勇気のいることですが、先生の「このままでは、小学校に入るまでもたない。」との言葉で、命には替えられないと決断しました。術前は手足も冷たく、細く、体重も増えず、感染症を繰り返し、保育園に入園したものの、ほとんど行けないような状態でした。
 手術当日は祈るような気持ちで、空いているベッドの四隅にいただいたお守りを付けました。そんなことしかできない自分が悲しかったです。このベッドに無事に戻って来ますように。と願いました。
 手術が無事終わって、ICUで対面したときは、「生きて帰って来てくれた。」と本当にうれしかったし、安心しました。
 術後は経過もよく、どんどん体重も増え、頭にいつもかいていた汗もなくなり、ピンク色の顔になりました。1歳4ヶ月の時には川崎病になり、大変驚きましたが、後遺症もなく、その後歩けるようになりました。5歳になった今は、1日も休まず幼稚園に通っています。体操教室にも通っていますし、なんでもみんなと同じにしています。他のお子さんより声も大きく恥ずかしいぐらいです。
 来年は小学校に入ります。執刀医の先生をはじめ府立子ども病院の先生方、看護師の皆様には本当にお世話になりました。助けていただいた命を大切に過ごしてほしいと思います。
 娘は皆様のおかげで、人にやさしく明るく朗らかに成長しております。
 
PAGE TOP