京都府立医科大学 京都府立医科大学 外科学教室 心臓血管・小児心臓血管外科学部門
お問い合わせ | Sitemap
成人心臓血管外科小児心臓血管外科
外来受診案内|入院案内|医療費について|交通案内|医療関係者の方へ|リンク
Top医療関係者の方へ教室紹介臨牀での主な取り組み>先天性グループ  
教室紹介
    沿革
    組織図
    医局員紹介
    手術実績
    論文、学会発表実績
    臨牀での主な取り組み
  緊急連絡先
  見学についてのお問い合わせ
  レジデント募集のお知らせ
  医局ニュース (毎月更新)
  C4病棟のページ
  教室紹介/臨牀での主な取り組み 先天性グループ
 
後天性グループ
血管グループ
京都府立医科大学小児心臓血管外科では、手術成績向上、患者様のQOL改善のために様々な取り組みを行っています。
 1 異物を用いない心室中隔欠損閉鎖術
心室中隔欠損症を治療する際、通常は人工布(ゴアテックス・ダクロンなど)を用いて閉鎖しますが、当院では患者様本人の組織である自己心房中隔を用いて心室中隔欠損を閉鎖する手術法を開発しました。自己組織を用いることにより、抗感染性・抗溶血性が期待されます。
 2 右側方小切開による心房中隔欠損閉鎖術
心房中隔欠損症を治療する際、通常行われる胸骨正中切開(胸の中央に手術創が残る)を避けるため、当院では右側方小切開(6〜10cm程度)による心房中隔欠損閉鎖術を希望に応じて行っています。通常の胸骨正中切開に比べ、小さく目立たない手術創になります。
 3 無輸血手術の促進
小児の心臓手術では、患者様の体格(体重)の問題や術前の貧血などから、どうしても輸血が必要となる場合が多いのですが、当院では可能な限り輸血を行わず手術を行うよう努力しています。無輸血手術促進のため、術前自己血貯血・人工心肺の低充填量化などを行っています。
 4 Ross手術の積極的導入
先天性の大動脈弁狭窄症・大動脈弁閉鎖不全症の患者様の場合、以前は人工弁による置換術が行われてきました。しかし、手術後に患者様は成長するのに対して人工弁は大きくならないため、再手術が必発でした。当院では患者様本人の肺動脈弁(術後発育する)を用いて大動脈弁置換術を行うRoss手術を積極的に導入し、良好な成績を得ております。
 5 複雑心奇形に対する新しい手術手技の開発
複雑心奇形に対する手術は日夜進歩を遂げており、当院でも患者様の生命予後およびQOLを改善するために、新しい手術手技を開発し積極的に導入しています。最近5年間で開発した主な手術手技には以下のようなものがあります。
 
心臓型総肺静脈還流異常症に対する左房後壁フラップ法
大血管転位症・肺動脈弁狭窄症に対する、half-turned truncal switch手術
部分肺静脈還流異常症に対するDouble decker technique法
Ebstein奇形に対するOblique plication手術
大動脈弁狭窄症を伴う大動脈離断・心室中隔欠損症に対する肺動脈前方転位・大動脈後方転位再建手術
Williams症候群に伴う頚部動脈狭窄に対する頚部分枝一本化法
肺動脈発育不全を伴う肺動脈閉鎖症に対する姑息的右室流出路再建法(肺動脈一本化を併施)
   
 
PAGE TOP