京都府立医科大学 京都府立医科大学 外科学教室 心臓血管・小児心臓血管外科学部門
お問い合わせ | Sitemap
成人心臓血管外科小児心臓血管外科
外来受診案内|入院案内|医療費について|交通案内|医療関係者の方へ|リンク
Top成人心臓血管外科>行っている手術 手術一覧  
診療部長ご挨拶
  スタッフ紹介
 
  手術実績
  主な取り組みについて
  外来受診、
入院から退院までの流れ
  患者様の体験談
  掲載記事の紹介
  外来受診案内・外来担当表
  入院案内
  緊急連絡先
  行っている手術 手術一覧
 
成人心臓グループ
 冠動脈疾患

手術名

特徴
冠動脈バイパス術 心拍動下バイパス術(Off Pump CABG) による動脈グラフトを用いた完全血行再建を行っている。過去4年間、手術にともなう脳梗塞の発症はない。最高齢93才。グラフト採取には内視鏡を使用。
左室形成術 世界に先駆け、術前に心電図同期MRI検査を行うことで、より正確に術式を選択し、形成範囲を決定。
心室中隔穿孔手術 David手術(Exclusion法)を改良し、過去4年間での救命率100%。
両室ペーシング術 心筋梗塞に伴う低心機能、左脚ブロック症例に施行。
血管再生医療 循環器内科と共同で、開胸下に血管再生因子を心表面から局所投与。
 弁膜症

手術名

特徴
僧帽弁形成術 僧帽弁疾患では、形成術を第一選択とし、人工腱索、人工リング、Mc Goon 法、Edge to Edge Repair 法などを多用。心房細動症例では、積極的にMAZE 手術を施行し、術後内服薬ゼロを目指す。世界に先駆け、術前に心電図同期MRI検査を行い、術式決定に利用。
僧帽弁置換術 60才以上で生体弁を使用。左室破裂防止に後尖温存術式を選択。
大動脈弁形成術 Rasping 法、交連切開術、交連つり上げ術など。
大動脈弁置換術 60才以上で生体弁を選択。手術時間3時間程度。狭小弁輪では、Free Style 弁を使用。
大動脈基部置換術 Bentall 法、David 法、Free Style 弁による Full Root 法など症例に応じて選択。若年者では、Ross 手術も行っている。(小児心臓血管外科 山岸講師)
三尖弁形成術 全周性に縫縮。(T-TAC法) 再手術率は極めて低い。
三尖弁置換術 年齢によらず、生体弁を使用。心房細動症例では、積極的に恒久ペースメーカリードを心表面に装着。
 心房中隔欠損症

手術名

特徴
心房中隔欠損閉鎖術 できる限り直接閉鎖、または自己心膜による閉鎖を行い、異物を使用しない。
 収縮性心膜炎

手術名

特徴
心膜剥皮術 人工心肺を使用せず、Off Pump CABG のテクニックを応用し、超音波メスを用いて手術を低侵襲化。
 その他
心臓腫瘍摘出術 、肺梗塞手術 、補助人工心臓植え込み術、ICD 植え込み術など
PAGE TOP 
血管グループ
 胸部・胸腹部大血管疾患

手術名

特徴
人工血管置換術 症例に応じて、脳分離体外循環法、超低体温下逆行性脳潅流法を選択。
ステントグラフト内挿術 第一選択。開胸を行わずにカテーテルを用いて動脈瘤の治療が可能。
 腹部大動脈疾患 末梢血管疾患

手術名

特徴
人工血管置換術 できる限り分枝を再建。高齢者でも積極的に施行。
自家静脈バイパス術 第一選択。長期開存を目指す。
人工血管バイパス術 解剖学的ルートによるバイパス術を行い、術後のQOLを高める。
血管再生医療 循環器内科と共同にて行っている。
 
PAGE TOP